大豆粉で糖質制限

「第三の粉」大豆粉に注目が集まっています。

なんで「第三の粉」なのか?

小麦粉が一、そして米粉が二、そして大豆粉が「三」にあたるわけです。

当然主流は小麦粉でしたが、地産地表、日本食の見直しなどで、お米をもっと積極的に取り入れようという流れになり、「米粉」を使ったメニューも増えてきました。

米粉パンもだいぶメジャーになってきましたが、今は糖質制限が主流になってきていることもあり、小麦粉、米ではなく、大豆を使った粉、に注目が集まっています。

小麦も米も炭水化物が主である以上、体内で糖質に変わるので当然摂り過ぎは悪影響を及ぼします。

それに比べると、大豆粉は植物性タンパク質が主成分であるわけですから、身体にとってはだいぶいいわけですよね。

実際に大豆粉は小麦粉に比べて、
糖質が6分の1。
食物繊維が6倍。

という数値が出ています。糖質制限されている方もこれならうれしい。置き換えダイエットにも非常に強い味方になります。

以前、テレビ東京系列のWBS(ワールドビジネスサテライト)でパナソニックのホームベーカリーが紹介されていました。

SD-BMS106,SD-BM106,SD-BH106という型式ですが、

特徴として、
「ソイスコーンコース」・「ごはんフランスパンコース」が新しく搭載されていることがあげられます。

糖質制限食が広がっていること。当然メーカーもそれに見合った商品を開発しているわけです。

これは小麦粉だけではなく、大豆粉を使ったパンやスコーンを作ることができるんだとか。

パナソニックは従来の台所家電というの位置づけではなく、「美容家電」という触れ込みでPRしていました。

顧客からの問い合わせも多く、販売台数も期待できそうなんだとか。

みたけ食品工業の大豆粉が紹介されていましたが、この売り上げも伸びてきているそうです。

キャスターの方は、ソイスコーンは「食べていると豆腐の味がする。」といっていました。

糖質制限食ダイエットを実施されている方にとって、ご飯、パンの主食は真っ先に減らすべきものですが、それでもご飯やパンを食べたくて仕方ないときってあると思います。

そんなときに、小麦ふすまパンではなく、この大豆粉を使った大豆パンやソイスコーンは、非常に助かるメニューになると思います。

実際に食べてみても、そんなに小麦粉と違いがあるわけではありません。

大豆粉を使ってご自身で何か作ってみようと思われている方、クッキングレシピ通りに作ると残念ながら失敗に終わります。

理由はグルテンが含まれていないので、膨らみにくいのです。食感もぼそぼそしたものになりがちなので、糖質の低いチーズをいれるなどするとしっとりした仕上がりになります。

先ほどのパナソニックのソイスコーンコースのあるホームベーカリーだとうまい具合に仕上がりますし、糖質制限食を扱っているサイトでは、しっかりと作られたものが販売されていますので、そういうところを利用してもいいでしょう。

すずさやか みたけ ユウテックといった高品質の大豆粉通販メーカーを使用すると美味しいソイスコーン、パン、お好み焼きに仕上がります。

イオンでも取り扱っているようです。

■きな粉と大豆粉の違い
きな粉・・炒った大豆を粉にしている
大豆粉・・生の大豆をそのまま粉にしている

きな粉は水分を飛ばしている分、同じ重量だと栄養素はきな粉が高くなりますが、当然糖質も高くなるわけで、使うのであれば大豆粉を使用しましょう。

いずれにしても、糖質制限の概念が広がってきたことは大変に良いことだと思います。酵素ドリンクで必須栄養素の酵素を効率よく摂りながら、糖質制限をあわせておこなうことで、理想の体質改善ができるでしょう。

ソイスコーンの作り方です。(レシピ)
大豆粉50g
アーモンドプードル100g
ベーキングパウダー小2
たまご1ヶ
豆乳50ml(牛乳でも可)
塩ひとつまみ
ラカント大1
オリーブオイル大1
バター40g
あとは、お好みで抹茶、紅茶葉、
チョコチップなどを・・。

使ってダントツよかったのは、marusanのまろやか大豆粉。
大豆粉は種類によって、味がかなり変わるので注意が必要です。
大豆パンミックス粉

1、ボウルに大豆粉、アーモンドプードル、塩、ラカント、ベーキングパウダーを入れて混ぜる。
2、バターを入れ、全体がぼろぼろとしてくるまで混ぜる。
3、豆乳、溶いた卵を加え、生地全体がまとまるまで混ぜる。
4、ラップに生地を包み、冷蔵庫で1時間ほど寝かせる。
5、2cmほどに伸ばして成型し、オーブン200℃で15分ほど焼く。

このエントリーをはてなブックマークに追加